2018年9月12日、他国が選挙介入すると予想し大統領命令!

Kraken-War2020 アメリカ
サイバー戦争2020
この記事は約5分で読めます。

さまざまな情報がある中で「クラーケン」をサイバー作戦だと詳しく載せたレポート記事で「ありうる」と納得したものです。

2018年9月12日

米国外にいる人々の能力の全部または大部分が、無許可の選挙を含め、米国の

選挙に対する国民の信頼を、妨害または弱体化させることを発見しました。

(中略)

米国の国家安全保証と外交政策の異常で異常な脅威を構成します。

(中略)

選挙で結果や投票集計を変更する外国勢力の証拠はありませんが

(中略)

近年では、2017年のインテリジェンスコミュニティ評価に示されているように、

デジタルデバイスとインターネットベースの通信の急増により、重大な脆弱性が

生じ、外国の干渉の脅威の範囲と強度が拡大しました。私はここに、この脅威に

対処するための国家緊急事態を宣言します。

(この後に詳しく書かれている命令書は、sec1から)

sec1.(a)米国の選挙が終了してから45日以内に、国家情報長官は、

他の適切な行政部門および機関(機関)の長と協議して、情報の評価を実施

するものとします。(中略)

外国の干渉の性質とそれを実行するために採用された方法、関係者、および

それを承認、指示、後援、または支援した外国政府を特定するものとします。

国家情報長官は、この評価と適切な補足情報を大統領に提供するものとします。

もし選挙に不正に加担した国、個人が特定された場合の罰則も記されている。

(i)米国の管轄下にある個人の財産および財産の利益におけるすべての取引

をブロックおよび禁止すること

資産の凍結、移転、外国為替、輸出入、対象国からの一時入国禁止、いかなる

個人、団体、国を含むと詳しく記されています。

このレポートには、このように書かれている。

この大統領令により2020年の大統領選挙は「緊急事態宣言」

の中でおこなわれていた。

国防省内とホワイトハウスが秘密裏に繋がれて、リアルタイムで行われる選挙

の盗難を監視できるようになっていた。

彼らが反逆罪と、サイバー戦争の壮大な計画を実行するのを見ていた。

その後、DoD職員(デルタフォースと思われる)をフランクフルト、バルセロナ、

トロントのサーバーファームを襲撃するために派遣し、不正選挙のすべての証拠

を記録した物理的サーバーを取得しました。

(フランクフルトで、兵士5名の尊い命が奪われた)

特殊部隊に贈られたメッセージ

これらのサーバーは、サイバー戦争情報収集システムであるKurakenの結果と

共にサイバー対策専門チームに渡され、訴訟で使用するためにシドニーパウエル

に引き渡された反論できない爆弾の証拠を作成しました。(解析された)

パウエルは、裁判中にこれらの軍事諜報活動の目撃者を展開し。世界中に衝撃波

を送ります。

彼は予想外の方法で攻撃し、選挙が始まるずっと前に彼はすでにこの選挙全体

の勝利を計画していました。

民主党員は、過小評価し気付かないほど愚かであるという仮定で実行した。

しかし実際には、トランプは彼らがすぐに入るための罠を仕掛けました。

今、トランプはすべてを持っています。

CIAのサーバー、サイバー戦争の証拠、これらの犯罪を実行した人の名前、

SCOTUSがほとんどのスウイングステートで結果を覆すことを可能にする。

トランプはすでに最終結果を知っています。

ドナルド・トランプの2期目、

そして民主党の数百人または数千人が投獄される。

間もなく、バイデンに譲歩を求める全国的な呼びかけが見られるでしょう。

クラーケンの証拠がでてくると、世界は唖然とします。

人々は憤慨し、バイデンは刑務所に入れられることなく逃げることができて

非常に幸運です。(?)

アメリカは、この陰湿なサイバー戦争攻撃を克服し、選挙はこの日から確実

になります。

残念ながら「予想は的中しました」

外国勢力【中国】【イラン】【ロシア】が関わっていました。

つまり「バイデン」は担がれただけ?

バイデンはすでに中共が買収済みだという事実は公開済みですが、選挙前に公開されたのに

マスコミ、メディア、Twitter、Facebookは、意図的に隠しました。これはすでに新世界秩序

の始まりです。もっと自国のメディアも同様です。他国の大統領候補ならば特に大きく取り上げて

阻止すればよかったのではないか?(全てが狂っている)

【人物】【国】と両方と見るのが普通でしょう。

ただ、数百人、数千人が反逆罪で逮捕される。

このレポートには記されています。

アメリカを倒すための謀略は、どうやら選挙とウイルスはセットだったわけ

です。

ウイルスが無ければ、郵便投票にはならなかったからです。

これを信じる、信じないは個人の判断にてお願いいたします。

追伸

「コロナウイルス」の死亡率は、今は、0.1%程度。(大阪90人、高齢者)

大阪府などは外出制限をかけていますが、これは大阪府の1ヶ月の自殺者

よりも少ない数字です。(大阪、10月の自殺者は100人)

10年連続で減った自殺者は、今年の秋から急増しています。

1ヶ月、2000人を超えた自殺者はここ10年間でダントツ1位になりました。

外出禁止はいいかげん止めないと、経済不況で自殺者は増加します。

インフルエンザより死亡率が低い、コロナでの外出禁止には反対です。

これは、全ての人が感じている事なので守る必要はないと思います。

大統領令はこちら。

Executive Order on Imposing Certain Sanctions in the Event of Foreign Interference in a United States Election | The White House
By the authority vested in me as President by the Constitution and the laws of the United States of America, including the International Emergency Economic
タイトルとURLをコピーしました